レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験 > 品川近視クリニックの手術当日の全て〜私の場合〜

品川近視クリニックの手術当日の全て〜私の場合〜

【手術当日】

当日は2週間使用をやめているコンタクトレンズはもちろん装着せずにクリニックへ行きます。整髪料と香水の使用は禁止されています。

女性の場合、化粧(特に目のまわり)もしてはいけません。
気をつけることはこれくらいで、院内で受付をしたら手術室へ向かいます。

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


まずはレーザーでフラップを作成

このとき10名ほどのグループごとに分かれ術前の診察を行いました。
目の状態が良いかどうか、簡単なものです。

手術室のあるフロアで、麻酔薬を点眼されます。
麻酔が効いてくるまで5分程度、椅子に座っていました。


いよいよ手術の開始です。
まずはレーザーで角膜にフラップ(蓋)を作成します。

まぶたを器具で固定されるので、まばたきを意識してガマンする必要はありません。これはほんの1〜2分くらいで終わってしまいます

でも、ものの形がほとんどわからないくらい目の前がぼやけてしまいます。
移動するのに困難なほど見えませんが、次のレーザー照射室へ向かう際は看護士さんに手を引いて連れて行ってもらえますので問題ありません。

「このまま見えないままになったらどうしよう」と少し不安になりました。


あっという間に明るく見えてくる!施術完了後は15分休憩

レーザー照射を行うと、あっという間に明るくはっきり見えてきます
良く見えるためか、照射後に医師が器具で角膜のフラップを元の位置に戻しているところも判ってしまいます。

これで施術完了です。
麻酔が効いていますので、この時点ではまったく痛みはありません。

15分ほどリクライニングシートで横になるように指示されます。
目を閉じてのんびりしていました。


時間が来ると、次は診察です。
術後の異常がないかの確認のようです。

帰宅の準備をしますが、このとき目を保護するための眼鏡を着用します。
術後に外へ出るときは、必ずこの眼鏡をしなくてはなりません。

風にあたると、フラップがずれたりすることを予防するためです。
これは翌日の検診まで着用します。


術後1週間は保護用の眼帯が必要

クリニックから自宅まで1時間ほどかかる距離なのですが自宅に着く頃、麻酔が切れてきました。激しい痛みではなく、切り傷のような痛みです。

処方された痛み止めの点眼薬を使用しました。術後の痛みはこのときだけでした。手術当日は目の周りに水がかかってはいけないので入浴はできませんし、洗顔も目の周り以外のみとなります。

アルコールの摂取も厳禁です。
処方された化膿止めの飲み薬の服用と数時間ごとの点眼を行います。

当日から1週間、少し面倒ではありますが就寝時は目を保護するプラスティック製の眼帯を医療テープで顔に貼り付けます。
眠っているときに目をこすらないためです。

急に良く見えるようになっているので、目が疲れやすい状態でした。
無理をせず、早めに就寝しました。


次は「 品川近視クリニックのアフターケア、後遺症、視力回復具合をレポ」

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験