レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験 > 品川近視クリニックの検査、カウンセリングを受けてきました。

品川近視クリニックの検査、カウンセリングを受けてきました。

【品川近視クリニックの説明・カウンセリング・検査について】

一念発起した私は、どこの病院にしようか色々悩んであげく、最初から気になっていた(芸能人の方の体験談が多く載っていた)「品川近視クリニック」に予約を入れました。

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


詳しい検査でレーシック可能か調べる

手術の説明と検査をこの日一日で行います。裸眼での検査になりますので、コンタクトレンズは使用せず眼鏡装用で来院します。

手術についての概要は、品川近視クリニック内のモニタで説明用の映像が常に流されているので、それによって知ることができます。

パンフレット等もありました。
検査の内容は、コンタクトレンズを作るときより詳しい検査です。

品川近視クリニックのサイトに掲載されたものによると、屈折度検査(角膜の角度を測り、角膜の形を計測)・角膜形状解析・角膜内皮細胞形状撮影(角膜の細胞を数え、厚さを測定)などです。

レーシック手術には角膜の状態が一番重要になるので、この検査でレーシック手術が可能かどうかを調べます。


図を使って分かりやすく手術についての説明

一通りの検査をし、眼科医による解析を待つ間に3名ほどのグループごとに分かれて、手術について説明を受けました。
図を見せてもらいながら、具体的な手術の説明になります。

レーザーで角膜にフラップという蓋をつくりそれを空けて屈折を矯正するレーザーを照射します。


これが一般的なレーシック手術です。
まずは手術前の説明です。

コンタクトレンズを手術までの2週間は装着しないとのこと。
(これはハードレンズ使用時の場合です。ソフトレンズは3日間)

手術当日の流れについて、手術直後におこる「ハロー・グレア」という現象(光がにじんで見え、まぶしく感じる現象)について術後に処方される飲み薬と点眼薬の説明がありました。

薬と手術後に使用する目を保護する器具の費用は、手術の費用に含まれているので、別途請求されることはありません。術後の検査も無料です。


診察は丁寧に一人ずつ 角膜の形状に合わせてレーシック手術を検討

流れ作業のようになっていますが、疑問があればスタッフに聞ける状況ですので説明不十分にはならないと思います。眼科医の診察は一人ずつです。

そこで手術が可能かどうか告げられます。
私の場合は角膜に十分な厚みがあり、万が一の再手術も可能であるとのことでした。

レーシック手術には何種類かありますが、一般的なものはイントラレーシックというものです。私もそれを受けました。

角膜の状態によっては不可能な場合もあるそうでその場合は別の種類のレーシック手術も検討できるとのことです。

角膜が薄い場合、角膜の形状が円錐角膜と診断された場合も相談が可能だと思います。

検査は3時間ほどかかりました。少し疲れてしまいましたが、一人一人しっかり検査してもらえるので安心できました。


次は「 品川近視クリニックの手術当日の全て〜私の場合〜 」


⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験