レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験 > 目が悪い⇒コンタクト⇒レーシックをしようと思った経緯

目が悪い⇒コンタクト⇒レーシックをしようと思った経緯

中学生の頃から近眼が始まり、高校を卒業する頃には眼鏡やコンタクトレンズなしだと生活しづらくなっていました。
裸眼での視力は左右とも0.03前後でした。

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


その後、主にコンタクトレンズを装着して外出し、家では眼鏡を使用するかたちで過ごしてきました。
視力が弱いことに慣れてきていたので、面倒ではありましたが深く悩むほどではありませんでした。


手術で視力が回復できることは知っていましたが、費用や後遺症に不安な点があったので、受けようと思うまで時間がかかりました。
周囲に体験した人がいませんでしたし、具体的なことがわからなかったからです。


きっかけは少しミーハーな感じがしますがテレビ番組やコマーシャル、雑誌などで実際にレーシック手術を体験した芸能人の方々の話を聞いて、一気にレーシックを身近に感じるようになりました。


インターネットで「レーシック」を検索すると、いくつか手術ができる病院が見つかります。
目に付いたところから見ていき、各サイトに掲載された体験談をたくさん読みました。


その中で、「品川近視クリニック」が、多く芸能人の方の体験談が載っていて、とても好感が持てました。


一般の患者さん、有名スポーツ選手、俳優、タレントなどの体験談によると術前の視力0.1以下から0.4くらいの人がほとんどでほぼ全員が裸眼で1.0以上の視力になっているとのことです。


保険適用外の手術なので、費用は多少かかります。
決して安いといえる金額ではないのですが、今後コンタクトレンズにかかる費用を計算してみると、手術費用のほうが安く思えました。


コンタクトレンズを使用していて、不安や不満に思っていたことで費用がかかるという以外に、目に異常が起こりやすいというものがありました。


ハードレンズ、ソフトレンズのどちらも使用経験があるのですがアレルギー性結膜炎になりやすい私は、ハードレンズを使用するとかゆみを引き起こすことがよくありました。


ソフトレンズ使用時は、目に傷がついて激しく痛むことがありました。
ソフトレンズは汚れが落ちにくいので、その汚れで目を傷つけるそうです。
こういったことが時々あったので、コンタクトレンズもそれほど快適とも思えていませんでした。


傷だけでなく、レンズに付着した雑菌による病気もありますし実際に患ったことはありませんが、コンタクトレンズの使用を続けていればそうなることも考えられるので、安心して使用できるものではなかったです。


またコンタクトレンズは長年使用していると、角膜が薄くなるなどの話を聞いたことがあるので、目の負担を考えても手術できるならしたい、と決意しました。


次は「 品川近視クリニックの検査、カウンセリングを受けてきました。 」


⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



やってよかった!体験談2 検査から術後まで、利用者のリアル体験