レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > 錦糸眼科の評判をチェック!! > 錦糸眼科の評判をチェックしよう!!

錦糸眼科の評判をチェックしよう!!

日本で始めてレーシック手術を行ったことでも大変よく知られている「錦糸眼科」。実際にレーシックを受けた方々の評判をチェックし、どんな眼科なのか検証してみましょう。


【目次】
・錦糸眼科ってどんな眼科?
・錦糸眼科のホームページからわかること
・錦糸眼科でレーシック手術を受けた人々の評判は?
・錦糸眼科のメリット・デメリットまとめ


錦糸眼科ってどんな眼科?


平成5年に設立された、近視、遠視、乱視など屈折異常の専門眼科。東京本院(新橋)、東京院(中目黒)、札幌院、名古屋院、大阪院、大阪院(梅田、2012年開設)、福岡院の合計7院。


矢作徹院長は、医学博士であり、1993年に信州大学眼科局に入局し、同年錦糸眼科を設立しています。その後、イントラレーシックパイオニア賞など、数々の賞を受賞。イントラレーシック界における指導者的な役割を果たしていると言えます。


錦糸眼科のホームページからわかること


レーシックを受ける人にとって、眼科の公式ホームページは大変重要な情報源となります。錦糸眼科のホームページからはいろいろなことがわかりますが、中でも特に重要な点を挙げてみましょう。


1.錦糸眼科ではどんな治療が可能か(レーシック手術を含めたいろいろな手術の種類)。

2. 執刀医たちの熟練度(平均執刀期間2年以上。院全体の執刀は2006年で3万以上)

3. レーシック手術の明確な費用や保証期間。

4. 3ヶ月間の検査料や検診料、基本薬剤料が無料であること。

5. スタンダードレーシックを除いて、術後10年間の保証があり、1度だけ無料で再手術ができること。

6. 支払方法(クレジットカードやローンを使える)。

7. レーシックがどんな手術であるか(種類ごとに解説)。

8. レーシックの後遺症や合併症。

9. レーシックに興味がある人、知りたい人を対象に、説明会を実施している(無料)。

10. 無料で資料請求ができる。


また、次のような注意事項もしっかりと書いてあります。


・ レーシックは絶対的に安全とは言えないので、十分に考慮して手術を受けるかどうか決めて欲しい、ということ。

・ レーシック手術にあたって不安や疑問がある場合には、錦糸眼科に相談して欲しい、ということ。

必ずしも十分に(自分が望む数値で)視力が回復するわけではないということ。


このように、レーシックについての注意点やマイナス面についても記載されているので、ただメリットを並べるだけのホームページと比べると、信頼感が持てると思います。逆に、信頼してよいものか疑問に感じて欲しいホームページは、以下のようなものです。


・ 成功例だけを並べ立て、レーシックのリスクについて触れていない。

レーシックには「失明のリスクがない」ということだけが書いてある(比較的起こりやすい後遺症や合併症の説明がない。)

・ レーシックは誰にも可能な手術なので、とにかく受けてみて欲しいと繰り返す。

・ 角膜の厚さ不足や、角膜が薄くなった場合のリスクに触れていない。


レーシックは外科手術である限り、成功率が100%だとは言い切れません。このことについても十分な理解を求めている眼科であるかどうか、ホームページを十分に読み込んで検証してみることが大切です。


錦糸眼科でレーシック手術を受けた人々の評判は?


では、実際に錦糸眼科でレーシック手術を受けた人々の評判を検証してみましょう。評判、口コミは錦糸眼科のうちどの院(支店)でレーシック手術を受けたかをはっきり書いていないものも多いのですが、院長の意思が行き届いたしっかりした院であれば、どの院で手術を受けてもある程度高い満足度を得られるはずです。


また、「満足度」とは、レーシックが成功したか、視力がしっかり回復したか、ということだけで決定されるわけではありません。視力が十分に回復しなかった場合や再手術が必要になった場合にも、誠意ある説明やアフターフォローができていれば、満足度は高くなります。


価格や説明について

【よい評価】

・ よいことだけでなく、悪いことも説明してくれたのでじっくり考える機会をもらえた。

・ 他のレーシック専門医でレーシック不可と断られた。錦糸眼科でもレーシック不可だったが、他の施術可能な手術をしっかりと説明してくれた。

・ 価格は中間的な院だと思う。ひどく安くもないが、非常に高いわけでもない。


【普通 or 悪い評価】

・ 料金に幅があり、どれがよいのかわかりにくい。自分で事前に勉強をしなければ、医師の言うことを鵜呑みにするしかなくなるだろうなと思った。

・ 説明にはきちんと答えてくれるが、難しい用語などを使われてわかりやすいとは言えない。


【検証】
価格は他のレーシック眼科と比べて「安い」とは言えないようですが、実際にレーシックを受けた人から「高すぎる」という意見は少ないようです。

説明も十分にしてくれるようですが、説明が少し難しいと感じた人もいるようです。十分に説明しようという姿勢はある眼科なので、わからないことがあれば何度でも確認しましょう。

説明を求めて誠意ある答え方をしてくれないのであれば、今後気持ちよくレーシック手術を受けられるとは考えにくい、と判断することもできます。本当にここでよいのか?と確認するよい機会だと捉え、しっかり質問しましょう。


院内の様子について

【よい or 普通の評価】

・ 院内は少し暗めだが、リラックスできる工夫がある。飲み物も自由に飲める。

・ 待合室は病院らしくなく、清潔感がある。

・人気があるらしく混んでおり、流れ作業的だった。質問にはいつも丁寧に答えてくれた


【悪い評価】

・ 忙しいからか、スタッフの対応がよくない。冷たい雰囲気で馴染めなかった。

・ 混みあっている。待合室が狭いと思う。

一度にたくさんのひとが処置され、「ひとりひとり丁寧に」という感じはしない。(丁寧にやっていないわけではないが、他人が気になった。)


【検証】
院の雰囲気はよいようです。「暗い」という感想がよく見られましたが、目に負担をかけないために照明の照度を落としている可能性もあります。

ただ、人気がでてきたことに対してしっかりと対応できていないようです。東京や大阪は支店を増やすなどしてたくさんの人を受け入れられるようにしていますが、混みあっている、待合室が狭いなどの状況を総ての院で改善するには難しいでしょう。

また、そんな中でも丁寧な対応をして欲しいものですが、スタッフの接客・対応に関してはいまいちという感想もありました。

人の態度というには、感じ方に個人差も大きいので、不安な方は事前検査のときに確認する、説明会に参加してみるなど、自分自身はどう思うかということを重視しましょう。


手術について

【よい or 普通の評価】

手術は痛くないが、開眼器はとにかく痛かった。
技術的には非常に安心できる。感染症の心配もなさそうな管理体制だと思う。


【悪い評価】

・ 説明されていたよりも手術が大変だった。麻酔をしてもやはり痛いし、固定器具も痛かった。まったく痛くないと説明されていたので、違う!と思ってしまった

・ 痛みがないといわれていたのに、眼球吸引はとても痛かった。流れ作業的。目薬をひとつひとつ馴染ませてくれなかったので、麻酔がきちんと効かなかったように思う。こんなに痛いとは思わなかった。


眼球吸引=フラップを作るために角膜の表面をカットした後、フラップ部分をめくりあげるために眼球を吸引します。


【検証】
錦糸眼科では実際に「あまり痛くない」という説明を受けた方も多いようです。(「レーシック手術は痛くない」という評判が一人歩きしている部分もあります。)

レーシックは、フラップを作るために角膜をカットするのですが、角膜の中でも痛みを感じる層を通過します。麻酔の効き方も個人差があるので、「まったく痛くない」と決め付けていると、実際の痛みにびっくりしてしまう方も多いようです。

「目薬がしっかりささらなかったように思う」という感想は、他の院でレーシックを受けた方からもあるものです。自分自身で「麻酔の点眼液がしっかり目に入らなかった」と思った場合には、スタッフにきちんと伝えるようにしましょう。

痛みに弱い方は「麻酔が効きにくいかもしれない」というようなことも伝えておきましょう。


アフターフォローについて

【よい or 普通の評価】

・ 検査の度に数値は異なり安定するまで時間がかかったが、その度に合う眼鏡を貸してくれるなど丁寧な対応で、こちらももう少しがんばろうと思えた。

・ 遠視の眼鏡は度数が違うものをいろいろ試させてくれるので助かった。検査の回によって度数が違って安定しにくかったので。

・ 術後はハロ、グレアに苦しんだが、数ヶ月後にはすっかり安定した。

・ ドライアイの症状は残ったが、見えないときよりは不便が減ったと思う。

・ 手術は痛かったのだが、現在の快適な生活はレーシックのおかげだと思う。


【悪い評価】

遠距離なので検診が受けられず困った。このあたりはあまり対応してくれない。ぼやけて見える割に視力はよい数値で出る。視力と見え方は違うのだと痛感した。


【検証】
レーシック後のまだ不安定な時期に、きちんとした対応をしてくれたという感想が多く見られます。安定するまでの時期にしっかりとしたフォローがあるということは精神的にも非常に重要ですね。

「視力」と「見え方」が違うというのは、レーシックにおける大きな問題のひとつです。
「視力」:遠くのものが見えるかどうか。
「見え方」:ぼやけて見えたり、コントラストが低下して見えたりしないかどうか。

視力と見え方には単純に比較できない難しさがあります。このようなことも事前に確認し、リスクのひとつとして捉えておく必要があります。

特に、元々近視や乱視の度数が強かった方は、「見え方」が不自然になってしまう可能性が高いと考えられています。十分に説明を受け、それでもレーシックを受けるべきかどうか、よく相談をしましょう。


その他

【悪い評価】

他院でレーシック手術を受けたのだが、再手術をしたくて錦糸眼科を訪れたら、ほぼ一方的に「再手術のみは不可能」と断られた。


【検証】
残念なことですが、レーシックの再手術(再治療)は最初の手術をした眼科・クリニックでないと、難しい側面があります。手術前の目のデータや、どのような手術が行われたかのデータがないことなどが理由です。

ただ、他院では、再手術のみでも受け付けてくれるところもあります。「レーシック難民に対応してくれる眼科」として知られている場合も多いです。本当に高い技術を持っていれば、再手術のみでも可能であるはずだという考え方もあります。

最終的には院長の考え方や経営の方針によりますので、このことだけで錦糸眼科を判断するのは難しいかもしれません。


錦糸眼科のメリット・デメリットまとめ


錦糸眼科は大変人気のあるレーシック眼科であると言えます。


リスクをしっかり説明し、ただ手術を勧めるといった姿勢ではない。

・ 安くはないが、むやみに低価格に走らない点で品質を維持しているように感じる。

・ 保証期間が長い。

などといった点で、支持する人が多いようです。


一方、説明が難しい、人気のために混雑してしまう、手術の痛みがある、などの評価があり、レーシック手術を受ける側としても注意が必要です。


眼科のスタッフに任せきりにせず、自分自身の目の状態を自分でもしっかりと知り、おかしいな、と思ったら素早く対応するということを忘れないようにしましょう。


錦糸眼科の資料請求をしてみました。詳細レポートはこちら⇒ 錦糸眼科で資料請求をしたら、レーシックのことが色々わかりました!!からご覧下さい。


⇒ 錦糸眼科のさらに詳しい情報・口コミはコチラ


レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



錦糸眼科の評判をチェック!!