レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > 費用についての質問集 > コンタクトとレーシックでは、どちらの方がコストがかからないの?

コンタクトとレーシックでは、どちらの方がコストがかからないの?

レーシックは手術のために1度大きな出費があるが、その後のケアがない分、一生を通じて見ればコンタクトレンズよりも出費が少ない

・・・これはとてもよく言われることです。レーシックの大きなメリットのひとつとして知っている方も多いでしょう。

しかし、「視力とコストパフォーマンス」については、単純な計算だけでは答えを割り出すことができません。ただ「お金がかからなくなるから」というだけでレーシック手術を受けてしまうと、その後の問題が発生して初めて「手術を受けなければよかった」と後悔することになってしまいます。

コストを小さくするためにレーシックを受けたのに、結局再治療や再手術のためにさらなる費用がかかってしまうかもしれないのです。コストだけでレーシックとコンタクトレンズを比較するのは、非常に危険なことなのです。

【 コストパフォーマンスのみで考える場合のリスク 】
  • 単純計算すれば絶対にレーシックのほうがコストは低くなり、大きなメリットのように感じられる=他のデメリットが見えにくくなってしまう
  • レーシック手術は成功率100%の手術ではないお金では取り戻せない失敗のリスクがある)。
  • レーシック手術によって視力が回復しても、その視力は永久的なものではない(再び視力が低下し、コンタクトレンズや眼鏡が必要になる可能性は十分にある)。

どんな可能性があるのかまでじっくりと考え、十分な知識を持って判断することにしましょう。

1.コンタクトレンズにかかる費用

いろいろなサイトでも試算されていることですが、コンタクトレンズを使用する場合にかかる費用を考えてみましょう。

もちろん商品の価格の違いにより費用は変わってきますので、あくまでも参考として考えてくださいね。10年間で大体の試算をしてみましょう。ここでは10年間毎日コンタクトレンズを使ったとします。

ハードコンタクトレンズの費用

1枚の価格は1〜2万円程度と考えられます。ただし、最近は処方箋さえあればインターネットで購入できるなど、随分価格も下がってきていますので、1万円程度として考えてみましょう。

・ レンズ代
ハードコンタクトレンズ×2枚(両目分)=2万円 耐久性は3年〜5年程度なので4年で計算 10年換算=5万円
・ ケア用品(デイケア、タンパク除去など)
1ヶ月2,000円程度 年間2万4,000円 10年間=24万円
合計
10年間で約29万円

ハードレンズは耐久年数が長いのがメリットですが、落としやすい、目に合わないという理由から避ける人も多くいらっしゃいますね。また、すべてのコンタクトレンズに言えることですが、ケア用品はまとめ買いをする、安売りの時に購入するなど、工夫次第でもっとコストを下げることができます。

ソフトコンタクトレンズの費用

使い捨てでないソフトコンタクトレンズを考えてみましょう。価格はコンタクトレンズの仕様だけでなく、販売店による差も大きくなります。5,000円から1万円までの価格帯となるようですので、8,000円として考えてみましょう。

・ レンズ代
ソフトコンタクトレンズ×2枚(両目分)=1万6,000円 耐久性は1〜2年程度なので1,5年で計算 10年換算=約10万7,000円
・ ケア用品(デイケア、タンパク除去など)
1ヶ月2,000円程度 年間2万4,000円 10年間=24万円
合計
10年間で約34万7000円程度

使い捨てソフトコンタクトレンズ

使い捨てソフトコンタクトレンズは、ケアが不要、ケア用品が不要、無くしても大きな損失にならないという点で、近年のユーザーが増えています。使い捨てタイプには、1日使い捨てから1週間〜1ヶ月使い捨てタイプがあり、基本的には1枚の使用期間が長いほど費用を抑えることができる傾向にあります。

◆ 1日使い捨て(ワンデー)の場合

平均としてひと月で、両目5,000円〜6,000円程度と考えられますので、5,500円として計算。

1年間で6万6,000円 基本的にはケア用品なし

合計 10年間で 約66万円程度

◆ 2週間使い捨ての場合

平均としてひと月で両目2,000円程度と考えられますので、1年間で2万4,000円 10年換算=24万円

ケア用品(デイケア、タンパク除去など)1ヶ月2,000円程度 年間2万4,000円 10年間=24万円

合計 10年間で 約48万円程度

使い捨てレンズは、なくしてしまっても大丈夫ですし、ケアが簡単、目に故障を起こしにくいという理由で人気です。使い捨てでないコンタクトレンズと併用する、土日は眼鏡で過ごすなど、ちょっとした工夫の積み重ねがコストを減らします。

コストパフォーマンス一覧

ハードコンタクトレンズ ソフトコンタクトレンズ 使い捨てコンタクトレンズ
1day 2weeks
購入価格(両目) 20,000 16,000 5,500 2,000
耐久性 3年〜5年 1〜2年 1日 2週間
出費額(10年換算) 50,000 107,000 660,000 240,000
ケア用品(10年換算) 240,000 240,000 なし 240,000
10年合計額 290,000 347,000 660,000 480,000

※この表にプラスして、次のような出費のことも考えましょう。

  • コンタクトレンズ処方のための眼科受診費、交通費など
  • 眼鏡を併用する場合の眼鏡の費用
  • インターネットで購入する場合には送料など

この記事の続きは、こちら『レーシックとコンタクトの価格、徹底比較!!』です。どうぞご覧になってみて下さい。

レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



費用についての質問集