レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > そこはどうなの?!Q&A > イントラレーシックを品川近視クリニックで受ける予定なのですが…

イントラレーシックを品川近視クリニックで受ける予定なのですが…

品川近視クリニックでイントラレーシックを受ける場合、下記のポイントを頭に入れておくと良いでしょう。

イントラレーシックと一般的なレーシックは何が違うの?

イントラレーシックが普通のレーシックと異なる点は、フラップ(角膜につくるフタのようなもの)の作り方の違いです。通常のレーシックは、「マイクロケラトーム」という電動カンナのような装置でフラップを作成するのですが、イントラレーシックはアメリカのイントラレース社製の「イントラレースFSレーザー」というものを使って、コンピュータ制御によってフラップを作成します。

イントラレース社製のレーザーは、一般のレーザーに比べ、より安全で精密なフラップを作成することが可能であるため、人気があります。また、イントラレーシックは、フラップをより正確に薄くつくることができるため、その後の角膜への視力矯正のための照射も、より精度を高めることができ、結果として強度の近視の治療にも適しているようです。

品川近視クリニックで受けられるイントラレーシックとは?

品川近視クリニックで受けられる最安値のイントラレーシックは、プレミアムイントラレーシックです。

プレミアムイントラレーシック

10年間の保障付きで両目【9.2万円】(税込)(2011年10月現在)です。

この9.2万円の中には事前の検査料が含まれています。

プレミアムイントラレーシックは、フラップの作成〜角膜の屈折矯正をコンピューター制御により行うため、より安全で精密な施術が期待できます。

ただし、プレミアムイントラレーシックは40歳以上の患者は受けることができないのが、残念な点です。また、近視・乱視が強い患者やコンタクトレンズの長期使用などにより、角膜の厚さが足りない場合には、他のレーシックを選択せざるを得ない場合もあることを事前に知っておきましょう。

イントラレーショックの手術に力を入れている錦糸眼科では、イントラレーシックは通常両目で28万円(現在は、キャンペーン中で20万円)、神奈川アイクリニックでも23.5万円ですから、品川近視クリニックのプレミアムイントラレーシックの9.2万円という価格は3社の中で最安値となります。

なぜ、品川近視クリニックではこのような低料金を実現できるのでしょうか?

それは、症例数が多いことにより口コミや患者の紹介で広告費をかけずに集客ができるからではないかと考えられます。

つまり、

  1. 安いから人気がある
  2. 人気があるから安くできる

このような販売戦略の効果により実現した低価格なのではないでしょうか。

トリプルRイントラレーシック アドバンス

このイントラレーシックは、12年間の保障がついて【15.8万円】(税込)です。

検査費用は含まれています。

トリプルRイントラレーシックアドバンスは、フラップの作成に最新型の「イントラレース」を使用しています。また、角膜への屈折矯正のレーザー照射には、「アレグレット」という実績のある機器を使用しています。

この二つの機器は大変精微につくられているため、わずかな器具の誤差により、フラップの厚さに誤差が生じたり、湿度の変化に弱い特性があります。そこで、マイクロシステムやコンディションメーターといった二つのシステムを導入して誤差が極限まで減らされるようになっています。

このイントラレーシックの主な利点は、レーシック施術後の不正乱視を軽減してくれる点です。

つまり、不正乱視が強い人でも受けられるレーシックなのです。

プレミアムイントラレーシックが9.2万円で受けられるのに対し、こちらは15.8万円と1.5倍以上高くなるのが気になる点ですが、それでも競合他社に比べると魅力のある価格といえるでしょう。

コンベンショナルイントラレーシック

17.8万円で3年間の保障つきです。検査費用はかかりません。

コンタクト長期使用などで角膜の厚さが不足している人向けのイントラレーシックです。

コンベンショナルイントラレーシックは、通常のレーシックよりも角膜を多く残すことができるイントラレーシックです。

他の病院でレーシックができないと断られた患者も、このコンベンショナルイントラレーシックならレーシック手術が受けられる可能性があります。ただし、保障が3年間と、なぜか他のイントラレーシックと比べて短いのが気になる点です。

また、角膜を多く残せることが利点ではありますが、反面、他のレーシックに比べハロ現象やグレア現象、不正乱視の発生率が高いというデメリットもあります。

iFSオーバルイントラレーシック

18.8万円、12年間保証、検査費込み。

角膜の形状に合わせたより精密な「フラップ」を作ることができるイントラレーシックです。フラップの形を「立体的」に作成することができます。また、フラップ作成にかかる時間は8秒です。

iFSオーバルイントラレーシックは、厚生労働省公認イントラレースiFSレーザーにより、均一で薄いフラップを作ることができ、強度の近視や乱視を持つ患者に適したレーシックです。

ただし、将来的に老眼治療(カメラ)を考えている患者にはふさわしくない治療であるため、事前の検査でよく相談されることをお勧めします。

品川近視クリニック・イントラレーシック体験談

イントラレーシックを実際に受けた人の体験談を紹介いたします。

Aさんは、イントラレーシックを決断するまでに3年間迷い続け、決断をした患者さんです。

いざイントラレーシックを受けてみると、「あんなに悩んだのはウソのよう。あっという間に終わってしまった。もっと早く受ければよかった。」というのが、率直な感想だそうです。レーシックの術後も好調で、3年経った今でもよく見える状態が続いているそうです。

ちなみに施術前は0.08、施術後は1.2が見えるようになったそうです。

Aさんが、イントラレーシックを受けた理由は、強い近眼とコンタクトの長期使用により、角膜の厚さが足りず、普通のレーシックが受けられなかったためと、イントラレーシックのフラップは、手術後もシワになりにくく手術後が綺麗だと聞き、即決したのだそうです。

イントラレーシックは、Aさんのように近視が進んでいる人や、角膜の厚さが不足している人にお勧めの手術方法です。普通のレーシックに比べても、フラップ面が薄く滑らかに作成できるため、シワやズレなどが起こりにくく、夜間のハロ現象やグレア現象も発生しにくいのがメリットです。

イントラレーシックを受ける際の注意点

イントラレーシックに限らず、レーシック全般に適用されることですが、次のような場合には手術を断られることがあります。

  1. 眼に炎症などの症状がある時
  2. 白内障・緑内障・角膜ヘルペスなどを発症している時
  3. 重度のアトピーや糖尿病
  4. 妊娠中の女性
  5. 精神安定剤などを常用している場合

また、イントラレーシックを受ける前には、コンタクトの着用を1週間以上は控えるように指示があります。アイメイクも1週間は控えなくてはなりません。

イントラレーシックの手術後は、急に見える世界が変わることで、個人差はありますが慣れるまでに時間がかかりますので、大型連休と組み合わせて手術の予定を入れるなど、スケジュールは無理をせず余裕を持ったプランを立てるようにしましょう。

品川近視クリニック イントラレーシック早見表

 
プレミアム
イントラレーシック
トリプルRイントラレーシック
アドバンス
コンベンショナル
イントラレーシック
iFSオーバル
イントラレーシック
特性 普通のレーシックに比べ手術時間が短く、眼への負担も軽減。副作用や感染症もない。 最新型「イントラレース」を使用。不正乱視を軽減。 通常のレーシックよりも角膜を多く残すことができる。 角膜の形状に合わせ精密で立体的な「フラップ」をわずか8秒で作成。
保障 10年間 12年間 3年間 12年間
こんな人におすすめ - 不正乱視のある人。 角膜の厚さ不足の人。 強度の近視や乱視を持つ人。
デメリット 40歳以上・近視・乱視が強い人・角膜が薄い人は不可 精微な機械のため、わずかな器具の誤差や湿度に弱い。 ハロ現象やグレア現象、不正乱視の発生率が高い。 将来、老眼治療(カメラ)を考えている人は不可。
価格 9.2万円 15.8万円 17.8万円 18.8万円
⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ

レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



そこはどうなの?!Q&A