レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > やってよかった!体験談 > 品川近視クリニックの大阪院での手術体験

品川近視クリニックの大阪院での手術体験




私は中学時代に視力が悪くなり始めて、
それ以降眼鏡生活を送ってきました。
コンタクトレンズにも憧れ試みては見ましたが、
眼に合わずにトラブルが多発したので殆ど眼鏡を使用していました。


眼鏡をかけることにより、女性としての楽しみである
化粧やお洒落にも制限が出てしまいます。
眼鏡なしでは生活出来ないにも関わらず、
とても疎ましい存在に思えてたまりませんでした。


レーシックの情報を聞いたとき、眼鏡の疎ましさから開放されたい、
幼い頃のように裸眼で生活したい、という思いからか
躊躇することなく是非とも施術したいと思いました。
それで、友達の話、ネットの評判などから
品川近視クリニックの大阪院を選び、行ってみることにしました。


【手術の日】

手術、しかも顔の一部である眼ということで
恐怖感と不安は隠しきれませんでした。
しかし、執刀医の先生の温かい励ましのお陰で
無事に手術を終えることが出来ました。
術後はぼんやりとしていましたが、
数時間後には小さな文字まで見えるようになっていました。


【手術の翌日】

起床と同時に、部屋の中の物や文字が眼に鮮明に飛び込んでくる事が
初めは信じられませんでした。
裸眼で見えるという事は、目覚めるとすぐに視界が良好なのだと
改めて気付かされ感動しました。
この日は感動の連続で、まるで夢の世界にいるようでした。


【術後1週間後経つと…】

術後当日のぼんやり感はなくなりハッキリと見えるようになりました。
朝、昼の明るい時間帯に限らず、夜も視界は良好です。
何にも頼らずに眼が見えるということを久々に経験し感無量です。

気分爽快に裸眼生活を楽しんでいます。
やはり女性としてお洒落を満喫しています。
化粧方法やファッションも眼鏡を使用していた頃と比べると
バリエーションも沢山試すことが出来て大満足です。


まだ、以前の癖で眼鏡をかける仕草をしてしまう事が稀にありますが、
毎回「もう眼鏡じゃないのだ」と実感しています。
視力が下がっていくばかりだった頃は、
こんな生活を送れるようになるなんて夢にも思っていませんでした。


クリニックの設備等のハード面は整っていますし、
先生の技術や人柄・スタッフの方々の優しい対応などのソフト面も
素晴らしくて信頼のおけるものでした。


手術というと構えてしまう方々も多いと思いますが、
術前に先生が話を聞いて下さる機会もありますので、
安心して手術に挑むことができます。


手術=痛みを伴うというイメージが先行すると思いますが、
私の場合、痛みは殆ど感じていません。
眼に関する悩みをお持ちの1人でも多くの方に、
私と同じ感動を味わって欲しいと思います。

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ

レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



やってよかった!体験談