レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > そこはどうなの?!Q&A2 > イントラレーシックを品川で受けたことがある方、色々教えてください。

イントラレーシックを品川で受けたことがある方、色々教えてください。

品川近視クリニックのイントラレーシックの種類や価格について検証してみましょう。

イントラレーシックとは

通常のレーシックは医師が「マイクロケラトーム」という電動のメスを使ってフラップを作ります。そのため、医師の腕がものを言う部分が大きい手術になります。

一方、「イントラレーシック」はレーザーでフラップを作るレーシック手術です。薄さの均一なフラップを作ることができ、感染症のリスクも低くなります。

さらに、イントラレーシックには、フラップを作る際の精度の高さや使用される装置、角膜のゆがみを測る検査に使われる装置や矯正する装置、それらの精度の違いによりいろいろな種類が存在しています。


※注意点
使われる装置については、品川近視クリニック公式サイトから判明する限りのものであり、表示されているものしか使われないというわけではありません。


品川近視クリニック プレミアムイントラレーシック


【価格】9万2000円 
【保証】10年
近視・乱視が強い方、角膜厚不足の方は受けられない
場合があります。


フラップの作成から角膜の屈折矯正までをコンピューター制御で行うレーシック。方法としてはアイレーシック(次にご紹介する手術)の精度を落としたもの。ひとりひとりの角膜の細かな凹凸までを測定して行われるものではありません。


フラップも厚めになります。フラップの作成とレーザー照射が別の部屋で行われるので、途中で移動する必要があります。


【メリット】
安価であり、その割に保障期間が10年と長いこと。


【デメリット】
トリプルRイントラレーシックアドバンスの格下の手術ということになります。強い近視や乱視には対応できず、それだけ精度は低めということになります。
役職のあるドクター、ライセンスドクターの指定はできないようです。


品川近視クリニック アイレーシック


【価格】15万円 
【保証】10年
ひとりひとりの目に合わせてレーザー照射を行う精度の高いレーシック。
プレミアムイントラレーシックを受けられないと診断された方にも受けられる可能性があるレーシックです。


【使われる装置】
・ ウェイブスキャン

眼球にある微細な凹凸の波面収差を測定できる装置です。角膜のゆがみもこの装置で把握できます。


・ イントラレースFSレーザー
マイクロケラトームより薄く均一なフラップを作成できるレーザー。
小さな穴を無数に開けてフラップを作ります(切手の切り取り線と同じようなものだと考えてください。)


・ ビジックス スター S4 IR
ウェイブスキャンの情報に基づき、計算精度の高いレーザーを照射して角膜を矯正します。レーザー照射に黒目が動いても動きに合わせてくれるので(トラッキング技術)、ずれた位置に照射する心配はありません。


目の動きを認識する回数は1秒間に60回。照射時間は40秒。フラップの作成とレーザー照射が別の部屋で行われるので、途中で移動する必要があります。


【メリット】
イントラレーシックよりも精度が高く、一気に装置のクラスが上がる印象があります。個人で異なる角膜の形を把握して行われるレーシック手術のうち、最も価格が低く設定されているものです。保障期間も10年と長めです。ビジックスは眼球の動きを三次元(縦、横、横立体)で認識します。


【デメリット】
ビジックスは目の動きを認識する回数が1秒間に60回です。他の装置は200回から1000回というところが主流となっていますので、60回は非常に少なく感じます。
役職のあるドクター、ライセンスドクターの指定はできないようです。


品川近視クリニック トリプルRイントラレーシックアドバンス


【価格】15万円8000円 
【保証】12年
ウェーブフロント(事前の角膜波面収差測定)が必要な方には無料で実施されます。


【使われる装置】
・ イントラレースFSレーザー+コンディションメーターによる管理

矯正には湿度も大きく関係するため、レーザー出力周辺部をコンディションメーターで随時管理しています。(ただし、ただ温度計をつけただけだという話もあり、信憑性には欠けます。)マイクロシステム導入によりわずかな誤差も調整、極限まで誤差をなくします。


・ アグレット・ウェーブアイキュー
レーザーを照射して矯正します。照射時間が短いのが特徴で(軽〜中程度の近視の場合およそ6秒)、目の動きを1秒間に400回認識、黒目が動いても適切な位置にレーザーを照射します。アグレット・ウェーブアイキューにはウェーブフロントがないようです。


眼球にある微細な凹凸の波面収差を測定する機能を持っていないということになります。ただし、必要な方には無料で実施されます。フラップの作成とレーザー照射が別の部屋で行われるので、途中で移動する必要があります。


【メリット】
プレミアムイントラレーシックのひとつ上のレベルのレーシック手術ということになります。


【デメリット】
アグレットは眼球の動きを1秒間に400回認識しますが、二次元(縦と横)のみの動きにしか対応していません。役職のあるドクター、ライセンスドクターの指定はできないようです。


品川近視クリニック iFSオーバルイントラレーシック


【価格】18万8000円 
【保証】12年
公式サイトの手術の流れ説明によると、部屋を移動する必要はないようです。
(フラップの作成とレーザー照射が同じ部屋で行われると考えられます。)


【使われる装置】
・ イントラレースiFS
イントラレース最高位の機種です。労働厚生省公認のレーザーで、角膜を立体的に分析し、角膜の形状に合ったフラップを作ります。所要時間は8秒です。
フラップの切り込み角度と厚みを微調整する機能があります。


・ アレグレット・ウェーブアイキュー
レーザーを照射して矯正します。照射時間が短いのが特徴で(軽〜中程度の近視の場合およそ6秒)、目の動きを1秒間に400回認識、黒目が動いても適切な位置にレーザーを照射します。

アグレット・ウェーブアイキューにウェーブフロント(眼球にある微細な凹凸の波面収差を測定する機能)がないようですが、イントラレースiFSとの兼ね合いで不必要なのかもしれません。


【メリット】
イントラレースiFSによるフラップが立体的なので、衝撃にも強いフラップを作成することができます。角膜の形状に合わせてフラップを作るので、強い近視や乱視の方(角膜のゆがみが強い方)も手術することができます。切り込みの角度も調整できるので、ずれや接着の甘さを回避でき、合併症も少なくなります。


【デメリット】
将来老眼治療を考えている方はこのレーシック手術は避けるべき
とされています。
アグレットは眼球の動きを1秒間に400回認識しますが、2次元(縦と横)のみの動きにしか対応していません。役職のあるドクター、ライセンスドクターの指定はできないようです。


品川近視クリニック RS(リフラクティブスイート)レーシック


【価格】24万円
【保証】13年
フラップの作成とレーザー照射が同じ装置でできるので、部屋を移動する必要がありません


【使われる装置】
・ トポライザーVARIO

角膜のゆがみを測定、解析します。


・ フェムトセカンドレーザー FS2000+エキシマレーザーEX500
フラップを6秒で作る装置と、目の動きを把握してレーザー照射する装置が一緒になったもの。EX500は目の動きを認識する回数が1秒間あたり1050回。

これによりハロ・グレアのリスクが現象します。照射時間は5秒。目の負担が最小限になります。


【メリット】
EX500の機能により、眼球の動きを認識する回数が1秒間に1050回、3次元でのスキャンと、アレグレットよりも格段に精度が高いものとなって、ハロ・グレアのリスクを大幅に減少。眼球にかかる吸引圧も最小限なので目への負担も非常に少ないもが特徴です。


フラップ作成後レーザー照射のために別室へ移動する手間がない
ので、手術時間そのものが短縮されますし、目の負担も少なくなります。移動による精神的な動揺も少なく、雑菌の混入のリスクも低くなります。


【デメリット】
役職のあるドクター、ライセンスドクターの指定はできないようです。
(トポライザーVARIOについての情報が大変少なく、判断が難しいところです。)


アマリスZレーシック


【価格】26万円
【保証】15年
ライセンスドクターが手術を担当。
品川近視クリニックにおけるアマリスの症例数は世界最多です。


【使われる装置】
・ フェムトLDV

レーザーの照射エネルギーが少なく、目に負担をかけずにフラップを作成する装置。ただし、切り込みの角度と厚みはパターンで固定されており、細かな調整ができません。その結果、マイクロケラトーム程度の合併症リスクがあるとも言われています。フラップの作成時間は40秒程度です。


・ アマリス
6次元すべての動きを1秒間に1050回認識、レーザー照射時間5秒の装置。6次元で眼球の動きを把握する機能はアマリスのみに搭載されているものです。


【メリット】
眼球や角膜の個人差と動きの認識度が最も高い装置のひとつを使うレーシック手術。
目に負担をかけずに視力矯正ができます。

また、角膜のゆがみを矯正するのではなく、ゆがみに合わせてレーザーを照射することで、視力が矯正されても眼鏡のように不自然な見え方でなく、あくまでも自然で質の良い見え方になると考えられます。


【デメリット】
価格が26万と高め
です。また、ライセンスドクターはメーカーが認めたというだけであり、どのような規定で決められるのかは不明、公的なものではありません。

フェムトLDVはフラップの切り込み角度や厚みの細かい調整できないため、その角度で合わない場合にはずれや接着の甘さが発生し、合併症を起こしやすくなるという意見もあります。


最高級アマリスZレーシック


【価格】32万円 
【保証】15年 
役職のある医師が担当します。世界で初めて導入された、最新、最高位の装置。


【使われる装置】
・ フェムトLDV(クリスタルライン)

従来のフェムトLDVより照射エネルギーが小さく(イントラレースと比較した場合にはその15分の1程度)、目に負担をかけずにフラップを作れる装置。炎症リスクを抑えることができます。

クリスタルラインとなりましたが、従来のフェムトLDV同様、切り込みの角度と厚みはパターンで固定されており、細かな調整はできません。ケラトーム程度の合併症リスクがあるとも言われています。フラップの作成時間は非常に短縮され、8秒程度です。


・ アマリス750S
照射時間はたったの3秒。6次元すべての動きを1秒間に1050回認識。アイレーシックと異なる点は、ゆがみを取り除くのではなく、それを認識して生かしたまま矯正。これにより自然な見え方を保つことができると考えられています。

そのため、アマリス750Sにウェーブフロント機能はありませんが、角膜のゆがみが極端に強いなど、ウェーブフロントが必要な方には無料で提供されます。


【メリット】
品川近視レーシックの中では最高峰の技術を誇り、副院長など役職のある医師の手術を受けることができます。(院長の綿引氏は眼科医ではありません。)


【デメリット】
フラップの安定性や精度から言うと、ジーマー社のフェムトLDVよりは、iFSオーバルイントラレーシックで使用されているAMO社のイントラレースiFSのほうが、微調整が効く、フラップの安定度が高いなどの性能の高さを指摘されています。

価格的な問題でイントラレースiFSを使用しないのか、装置の大きさが異なるため部屋のスペースの問題なのか(フラップ作成後レーザーが別室にある場合は患者の移動が必要になります。

この移動がないということも安全性を確保する上では重要です)、装置の相性の問題なのか、価格を低く抑えるためなのか、判断はつきません。

総論

一般的に言えば、「料金が高いものほどレーシックの精度は高い」と言えます。ただし、その精度の必要性は人の目によって異なります。判断は非常に難しいところです。


また、クリニックの方針によってどの装置がベストであるかという答えは異なります。ただ有名だから、高価だからというだけでレーシック手術を決め付けず、あらゆるクリニックや眼科について情報収集を怠らないようにしましょう。


どの種類のレーシック手術を選ぶかの判断材料として最も大切なのは、適性検査です。これは医師にとっても患者にとっても同じです。


強い近視や乱視のほうが角膜のゆがみが大きく
なり、ケラトームレーシックや精度の低いイントラレーシックでは対応できなくなります。フラップやレーザーの高い精度が必要になってくるのです。


管理人としては、「適性検査の結果の精度を上げる」ことをお勧めします。
どれほどの期間近視であるのか、どれほどの見え方の乱視であるのか、過去角膜を傷つけたり、眼圧などについて医師の注意を受けたりしたことはないか、コンタクトレンズの長期使用によって角膜のクセが強くついていることはないか、前検査と手術前の目の状況が異なっていないか・・・?


数字だけではわからないかもしれない情報を適性検査の時点でよく伝えてください。あなたの目の情報として大変大切なことなのです。このようなことを医師に伝えることにより、情報をやりとりすることにより、なんらかの「ひっかかり」が手術を変えてくれたり、ストップしてくれたりするかもしれません。深刻な後遺症からあなたを救ってくれるかもしれないのです。


「ひっかかり」の種類はいろいろです。もう少し様子を見るべきだと思うことに医師が気づくかもしれません。医師の対応がおかしい、十分な説明ができていないという不信感にあなた自身が気づくかもしれません。


自分自身でも意識して「自分の目について注意して確認して欲しいこと」を医師に伝えるようにしましょう。普段通う眼科の医師に相談してみるのも大切なことだと思います。万が一何かあればご家族にも深く関係することですから、もちろんご家族にも十分相談してみてください。


不安や疑問を解消し、後遺症のリスクを認識した上で、レーシックを行うかどうかの判断をしましょう。

⇒ 品川近視クリニックの資料請求・予約はこちらから
⇒ 品川近視クリニックの詳しい情報・口コミはコチラ


レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



そこはどうなの?!Q&A2