レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > そこが気になる!!必見!!質問集 > レーシックは未成年は受けないほうがいいのでしょうか??

レーシックは未成年は受けないほうがいいのでしょうか??

レーシックには年齢制限があるのでしょうか?
特に未成年のケースはどうなるのでしょうか?未成年のレーシックについてメリット・デメリットを含め検証してみたいと思います。


18歳以上65歳以下の年齢制限?


大手の品川近視クリニックでは、18歳以上65歳以下の年齢制限を設けています。


66歳以上の場合には、視力の回復力の低下や白内障の発症の可能性が高まることが、レーシックが受けられない理由のようです。


また、18歳未満の未成年の場合には、まだ眼の成長段階にあるため、視力が不安定であるので、基本的にレーシックはできません。


未成年の場合には、レーザー治療を施して近視を矯正できたとしても、矯正後にまた近視になってしまう可能性が高いのです。


通常、近視は20代前半くらいまでで進行が止まる、と一般的には言われています。ただし、18歳に到達しても、未成年であることには変わりないため、品川近視クリニックにてレーシックを受ける場合には、必ず保護者の同意が必要になる点に注意しましょう。


レーシックに適した年齢とは?


一般的にレーシックを受けるのであれば、それに適した年齢というものがあります。それは、大体20歳から60歳くらいまでで、未成年であれば、日本では保護者の同意が必要となっています。


ただし、この年齢制限については特に法律などで規定されていないため、未成年でも、事前の入念な検査で特に問題がなく、眼科医が手術可能、という判断を下せば、実際にはレーシックが受けられることになります。


未成年者でも、職業上の理由から裸眼での視力を上げなくてはならない場合もあります。そのような場合にも、保護者の同意を得てレーシックを受けるケースがあるでしょう。


ただし、多くのレーシック・クリニックでは、未成年者の眼がいまだ発達途中である、という理由から、未成年のレーシックの手術にはとても消極的である、というのが現実のようです。


レーシック・未成年の体験談


ある未成年の社会人男性の体験談を例にあげてみましょう。

——————————————————————————————
レーシック前は、仕事がはかどらず、見えづらいため目を細めるのがクセになってしまっていたが、手術後は仕事の能率がアップし、表情が変わったと言われる。

安くてこれほどまでに効果があるとは思わなかった
家族全員が近視なので諦めていたが、レーシックを受けて良かった。
——————————————————————————————


ただ、この男性とは反対に別の未成年の男性は、後遺症に悩まされることになってしまったようです。


——————————————————————————————
もともと強度の近視で両方の視力が異なっていたため、レーシックにより過矯正となってしまった。さらに、両目の見え方が違うために通常の生活に支障をきたすほどの頭痛や吐き気に襲われた。

また、ハロ・グレア現象により、夜間のライトが眩しくて目を開けられなかったり、チカチカしたりした
——————————————————————————————


厳密には、後遺症は「未成年だから」起きたとは断言できません
ただし、総合的には未成年の視力は今だ発達段階にあるため「不安定」な状態です。


特別な場合を除いては視力が安定するまではレーシックを控えた方が良いのではないか、ということが言えると思います。


レーシック・未成年のメリット・デメリットのまとめ


未成年がレーシックを受ける場合のメリットとデメリットについてまとめてみました。


学生の場合には特に、強度の近視や乱視が原因で、日常的に集中力を欠いたり、スポーツや勉強に支障をきたしていることが多くあります。また、ひどい場合には頭痛が恒常化している場合もあるでしょう。このようなケースでは、視力が原因で起こっている症状であることを認識していない場合も多くあるらしいのです。


小さな子供の場合には、矯正メガネなどで矯正することができますが、ある程度大きくなって眼球の大きさが落ち着いたら、レーシックを受けられるかどうか検査をしてみると良いでしょう。


《メリット》
・ 未成年であっても職業上、裸眼で視力が必要な場合に矯正ができること(自衛官や騎手など)

・ 見えにくくて目を細めるなどのしぐさがなくなり、表情が明るくなること・自信がつくこと

・ 学生の場合には乱視なども矯正され、授業に集中できるようになること

生活の質が向上し、スポーツや旅行なども快適になること


《デメリット》
保護者の同意が必要なケースが多い(18歳以下は矯正を不可としているところが多い)

・ 視力が不安定なため、矯正後にまた近視が進んでしまう可能性がある

視力が不安定なため、手術の結果に後遺症などの不安がある

・ 一度レーシックを受けたとしても、近視が進んだ場合に角膜の厚さによっては追加矯正ができないリスクがある



レーシックふくろう流、良い病院の見極め方とは?

ちなみに、当サイトからは神戸神奈川アイクリニック品川近視クリニック

>> 神戸神奈川アイクリニックの管理人評価
>> 品川近視クリニックの管理人評価

 

あなたが知りたいことを教えて下さい

今回の記事はいかがでしたか?

さらに詳しく知りたいことや「こんな特集をして欲しい!」などご要望があれば、ここからレーシックふくろうに教えてください。あなたからのコメントをお待ちしております。



そこが気になる!!必見!!質問集