レーシック 眼科 - 東京&大阪&名古屋の体験談!! > やってよかった!体験談

やってよかった!体験談

レーシックを品川近視クリニックで受けてみました

自宅から通学している高校はとてもスポーツを盛んに実施しています。
サッカーなどの球技も授業の中で行われ、幼少の頃より眼鏡を利用している私は少しばかり不快感を抱いていました。

激しい運動を行う際に、邪魔な存在となる眼鏡が無くなればいいのに・・・
と思いレーシックを受けて見たいと思うようになりました。

詳細はこちら>>>

品川近視クリニック利用者の口コミ評判を検証してわかったこととは?

今回は、品川近視クリニックの口コミやうわさをピックアップし、検証していきたいと思います。以下、特に多く見られた口コミを挙げていきます。

詳細はこちら>>>

品川近視クリニックの利用者の口コミ を聞いてみよう




海外での生活が5年以上経過した頃、
レーシックという言葉を世間で良く耳にするようになりました。
成人後に視力が下がり、眼鏡・コンタクト共に15年以上の付き合いとなり、
眼に負担をかけ過ぎていたので
いつかはレーシックに挑戦したいと思っていました。
歳を重ねると老眼などの他のトラブルも影響を及ぼすので、
少しでも早い段階でと思い施術を受けました。


【 手術当日 】

施術を受けるという相当な覚悟で臨んだので不安はありませんでした。
しかし、さすがに手術室へ入室した瞬間だけは緊張しました。
開眼したままの施術ということで、
「どうなるんだろう」と思っていましたが、眼の検査をしている感覚でした。
手術後は痛みもなく、視界が良好で信じられない思いで一杯でした。


詳細はこちら>>>

品川近視クリニックでのレーシック体験談




外出するときには必ずコンタクトレンズセットの用意をします。
とても手間がかかりますし、外出が億劫に思えてきます。
コンタクトのせいで眼が乾燥し、眼の周囲の肌まで荒れてきます。


肌が荒れると化粧のりも悪く、お洒落をする気分も失せてきます。
コンタクトはレンズだけでなく管理品の購入も必要なため経済的にも私を苦しめます。

【手術の日】

遠くの文字はハッキリと見えましたが、
周囲はボンヤリとしていて霧の中にいるような感じでした。眼
瞼に違和感は残りましたが、痛みはありませんでした。
慣れない手術をしたせいか寝付くのに時間がかかりました。


詳細はこちら>>>

品川近視クリニックの大阪院での手術体験




私は中学時代に視力が悪くなり始めて、
それ以降眼鏡生活を送ってきました。
コンタクトレンズにも憧れ試みては見ましたが、
眼に合わずにトラブルが多発したので殆ど眼鏡を使用していました。


眼鏡をかけることにより、女性としての楽しみである
化粧やお洒落にも制限が出てしまいます。
眼鏡なしでは生活出来ないにも関わらず、
とても疎ましい存在に思えてたまりませんでした。


レーシックの情報を聞いたとき、眼鏡の疎ましさから開放されたい、
幼い頃のように裸眼で生活したい、という思いからか
躊躇することなく是非とも施術したいと思いました。
それで、友達の話、ネットの評判などから
品川近視クリニックの大阪院を選び、行ってみることにしました。


【手術の日】

手術、しかも顔の一部である眼ということで
恐怖感と不安は隠しきれませんでした。
しかし、執刀医の先生の温かい励ましのお陰で
無事に手術を終えることが出来ました。
術後はぼんやりとしていましたが、
数時間後には小さな文字まで見えるようになっていました。


詳細はこちら>>>

品川近視クリニック 横峯さくらさんの体験談



品川近視クリニック・横峯さくらさんのレーシック体験談より。
プロゴルファーの横峯さくらさんが、
品川近視クリニックでレーシック手術を受けました。


さくらさんより先にレーシック手術を受けていたお父さんに、
「絶対に良い!」と強く勧められたからだそうです。

詳細はこちら>>>

品川近視クリニック 芸能人の評判はいいものばかりですが…

品川近視クリニックでは、多くの芸能人がレーシック手術を受けています。
芸能人のレーシック体験談をわたしたち一般人はどのように捉え考えればよいのでしょうか?検証してみたいと思います。


詳細はこちら>>>