レーシック 眼科 東京 大阪 名古屋 体験

レーシックに対するあなたの不安を解消するために。
私たちはよりよい情報を提供していきます。
累計実績、回復データ実績、合併症の発症率、医院数、専門医の在籍数、顧客対応など、14項目をレーシックふくろうが徹底調査。今、一番選ばれているクリニックランキング
技術面、費用面で業界NO,1の人気を誇る神戸神奈川アイクリニック

神戸神奈川クリニック眼科は、レーシック業界でも老舗で、イントラレーシックを初めて実施したクリニックとして知られています。ゴルフの片山晋呉選手など、有名人が神戸神奈川クリニック眼科でレーシックを受けているのは有名です。

したがって、技術面の安心度が最も高いクリニックの1つといえますね。

月間症例数は業界一の品川近視クリニック

まず、挙げられるのが、その症例数です。月間8,000件以上の症例は、レーシック業界でも 群を抜いています。また、医師も眼科専門医で固められており、技術面も申し分ありません。しかし、その分、デメリットなのが・・・

レーシックふくろう推奨!初心者のための失敗しない眼科選び10のポイント

・ロケーション

どんなに定評のある眼科でも、理想的な金額の眼科でも、通うのに何時間もかかってしまったら。。最低でも5.6回は行くので、通院しやすい場所にしましょう。

・時期

適性検査前・施術前はハード、ソフト共にコンタクトレンズが使用できない日数が決められています。また、施術後すぐに通常の生活に戻れるとはいえ、全く不自由なく生活できるわけではありません。

術後一週間は花粉予防のような眼鏡を装着しなければなりません。またアイメイク、飲酒、運転、運動など、注意を必要とする活動が多々あります。 3ヶ月間で視力が安定するため、その間に出来るだけ眼にとって良い環境で居られる時期をお勧めします。

・お勧めする予定としては

適性検査で問題が無ければそのまま手術に臨めるように予定を組んでもらうようお願いする事です。適性検査の次の日に手術を受けることが出来れば、コンタクトレンズをはずす日数を最短で済ませられます。

眼科によっては検査と手術日を同じ日に行えるプランを用意している所もあります。 また、現在使い捨てのコンタクトレンズを使用されている方は、今お持ちのレンズが無駄にならないようご注意下さい。

・レーシックの種類・金額

どの人にとっても、まず戸惑うのがその種類の多さです。昔に比べて身近になったレーシック。多種多様な機械、料金体制が揃っています。「ホームページを見ても、何だか難しくて。。・。」そう思われても無理はありません。インターネットから資料を請求する事も出来ますが、実際に眼科に行ってみることをお勧めします。

適性検査を受けられると、何種類かにわかりやすくまとめられた表や、実際にどのように行われるかが知れる映像、スタッフの説明を聴くことが出来ます。過去の施術実績が高いところが必ずしも高額だとは限らず、また新しい機種は高額であっても実績が低いものもあります。自分にとって何が重要かをよく考え、納得のゆくコースを選んでください。

・紹介制度

「知り合いがここで受けたから。。」どんな広告よりも信頼性のある情報です。感想を聞くと共に、是非、紹介制度が無いかどうかご確認下さい。この紹介制度、だいたいどこの眼科でも行われていますし、かなりの割引が期待できます。

・生命保険・医療保険

個人で加入している保険の契約内容によっては、適用できるものがあります。結果、数万円で受けられた。。という人もいます。また、金額によっては確定申告の際に医療保険費控除も受けられるかもしれません。是非ご確認下さい!

・裏ワザ?

保険の適用方法によっては日数ごとに給付金が決まっているものがあり、片目ずつ2日に分けて施術すると2倍の給付金を受けることができる場合があります。手間が増えることは間違いありませんが、金額が大幅に変動する可能性もありますので、考慮するだけの価値はあるかもしれません。

・スタッフ対応

電話での対応、メールでの対応によって、その眼科がよく組織されているか、クライアントをフォローする体制にあるかどうかがよく解ります。また、通院の際に一番接するのはスタッフの方々です。最初の予約の時点から、安心感を抱ける対応をしてくれるかどうかに注目してください。

不必要な不安を抱かせないスタッフのいる眼科は、安心して手術について考慮できるベースとなります。

・清潔感

インターネットのサイトで色々な事を確認できても、自分の目で確認する事が一番。 実際に眼科に入ったときの印象はどうでしょうか?検査の際、スタッフの清潔感や、器具を扱う際の消毒などは十分に行われていますか?

眼はむき出しの臓器とも呼ばれるほど、大切な臓器です。その眼科がきちんとした設備を整えているか、感染などの問題についてどのように対処しているかをじっくり確認してください。

・医師の対応

眼科の規模によって異なりますが、医師との面談が十分に行える環境にあるかどうかも大切なポイントです。スタッフは事前検査や施術の説明をする事はしてくれますが、眼の状況に関して実際的なアドバイスをしてくれるのは医師です。

どの程度の回復を目指すか、心配なことはあるか、他の眼の病気を患っていないか等、事細かに説明し、どんな質問にも快く対応してくれるでしょうか。誰にとっても初めてのレーシックです。どんなに些細と思える事でも、不安なことは何でも聞けるような医師の体制かどうか観察してください。そして、何でも聞いて下さい。

【私の場合】「失敗して失明という事態はあり得ないんですか?」なんて聞いてしまいました。医師は少し笑いながらも、丁寧に説明してくださり、安心できました。また、花粉症の時期と重なっていたのでそれに対する処方もして下さいました。

・アフターサービス

スタッフや医師が必要な指示を与えてくれるものの、術後の療養期間には対処法を聞いていなかった事態が生じるものです。そんな時にすぐに電話できる体制が備わっている眼科なら、何があっても大丈夫!

私の場合。。術後2日目になんだか視界が真っ白に。。。とっても不安で真っ先にアフターサービスの番号に電話をしました。原因は単に眼が乾燥ぎみになっていただけ。。というものでしたが、対処法も説明してくださり、ほっとしました。また、1ヵ月後には電話による術後の経過状況の確認をおこなって下さり、不安なことがないか等も聞いて下さいました。

・身近な方々に安心してもらえる眼科

“レーシックを受けるのは自分、日帰りで出来る手軽な手術”そう思うかもしれませんが、手術は手術です。レーシックというものや術後の痛みに関して、一緒に理解してくれている家族や配偶者がいる事が何よりもの支えになります。

ご家族の意見をよく聞き、一緒に眼科選びをして下さい。また、術後すぐに始まる通常の生活においては、仕事の仲間や学校の仲間の助けが必要となるときがあります。身近な方々が安心して手術を見守れるような眼科。。それでこそ安心してレーシック手術に臨めます。

以上、レーシックマスターがお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか?これからどんどん良い記事を追加していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

品川近視クリニック

錦糸眼科